リースでコピー機をレンタルしよう【費用があまりかからない】

コンテンツ一覧

最新機器で製造効率アップ

3Dプリンター

ニュースで話題のあの機器

近年のテクノロジーの進歩は目覚ましいものがありますが、そのなかでもここ数年大きな注目を集めているのが3Dプリンターです。3Dプリンターは、これまでは実際の製品の製造開始前にそのデザインや性能などを確認するための試作品づくりに用いられるケースが多かったのですが、ここに来て最終的な製品の製造工程にも用いられるようになってきています。その背景には、技術の向上に伴って3Dプリンターを用いて製造された製品の品質が従来の製造機械と同等以上を確保できるようになってきたということがあります。このような形で3Dプリンターの活用し始めている業界には、自動車や医療器具などの分野がありますが、もちろんそれ以外の製品の製造にも応用することが可能ですので、メーカーを中心に導入を検討する動きが広がっています。価格についてもここ数年でかなり低下してきていますので、中小規模のメーカーであっても導入することは不可能ではなく、コストカットの効果を考慮するとメリットが大きいと判断することも可能です。この点、コストを抑えることができてもそれに伴ってクオリティが低下してしまえば元も子もありませんが、最新の3Dプリンターであればむしろ旧来型の製造装置よりも品質のよい製品を作ることができますので、この点からも導入するインセンティブは高いと言えるでしょう。他社に先駆けて新たな技術を利用することで厳しい競争にも勝ち残ることができるようになるはずです。