お金を持つ男の人

投資のあれこれ|アンティークコインの活用方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類を準備する

困る男の人

海外FXを始めるに当たり、口座を開かなければ取引はできません。そのため、まずはめぼしい業者を探し、口座を開きましょう。口座を開くに当たり、審査が行われますが、この審査は日本のクレジットカードやローンの審査に比べれば非常に簡易なので、まっとうに生活を送っていれば審査に落とされることはまずありません。また、口座開設には必要書類を用意しなければなりません。
必要書類は、業者にもよりますが、たいてい2枚程度が必要になります。身分証明書と、住所を証明する書類の2つが、主に必要書類として用意すべきものになります。まずは身分証明書です。こちらは免許証もしくはパスポートで大丈夫です。この時、パスポートを使うのであれば写真が貼られてある部分が必要になります。また、住所確認用の書類は、住民票で大丈夫です。もし住民票を発行するのが面倒であれば、6ヶ月以内に請求された公共料金の請求書でも大丈夫です。主にこの二種類が必要書類です。
海外FXの口座開設方法は、海外FX業者によって少々異なりますが、基本的には同じです。必要事項を記入し、あとは必要書類をスキャナで読み込むか携帯電話のカメラなどで撮影し、必要書類の画像データを貼付場所に添付するだけです。これは慣れれば20分以内に手続きが完了します。あとは審査結果をまつだけですが、基本的に資金面に余裕があれば審査には通ります。しかし、海外FXの業者によっては経験が浅い場合審査で落とされることもあるので気をつけましょう。