リースでコピー機をレンタルしよう【費用があまりかからない】

コンテンツ一覧

予算管理も容易

通話

定額の月額料金が魅力

ビジネスホンは一般家庭用の電話機と違い、沢山の外線と内線を共有、かつコントロールできます。コントロールする主装置の容量が大きければ、数百台まで子機を増やすことが可能です。また、種類が異なる回線を使っていても、同一主装置への収容もできます。さらに留守番電話装置や通話録音装置を追加したりインターホン接続したりと、様々な機能を加えて利便性を高められます。ですから、電話機を多く必要とする会社では、ビジネスホンがリースで導入されていることがほとんどです。ビジネスホンをリースで導入することのメリットには、初期費用が無料、もしくは少額で抑えられるという点が挙げられます。それから、毎月同じ額を支払うという点も、経営者にとってメリットになります。支払う金額が決まっていることで、先々の見通しが立てやすくなります。それに取引している銀行との借入枠に影響を与えることもありませんし、減価償却が不要で固定資産税もかかりません。したがって、事務管理の手間も省けます。また、火災や落雷などの自然災害や盗難などの人的災害でトラブルに見舞われた場合は、損害保険が適用され、保証が受けられます。こうしたメリットが多数あるので、リース契約を結ぶ会社が多いのでしょう。リースのビジネスホンは基本的に新品で、リース会社が製品を購入して貸し出すことになるため、好きなメーカーの最新機種を指定することも可能です。リースの契約期間は基本的に5年ですから、先々を見越して導入を検討するのが賢明です。